staff blog スタッフブログ

コーム型ヘアアクセサリーのOEMは和心で!

みなさまこんばんは!
連日の猛暑で少々というか、かなり夏バテ気味のRです。
先日、神宮球場に野球を見に行ったら、見事に熱中症になってしまいました・・・。
水分といってもお酒ばかり飲んでたので、なってもおかしくないですよね!

さて、今日はコーム型簪のご紹介です!!

簪胡蝶

こちらは、かんざし屋Wargoの新作・胡蝶庭園簪。
沈丁花のような可愛らしい花に蝶が3匹舞っています。
蝶は、刺繍で紋白蝶と揚羽蝶を表現。
蝶というと、昔育てていた柚子の小さな木に毎年揚羽蝶が卵を産みつけにきて、青虫になるのを楽しみに待っていた思い出があります。
このようにとても身近な存在だったにも関わらず、この世のものとは一線を画した存在のイメージを持っているのですが、みなさまはいかがでしょうか?
お能や舞楽の世界では精霊として登場することを考えると、何か意味があるのかもしれませんね・・・ってことで調べてみました!

日本:不死・不滅を具現するシンボルとして武士に好まれた。
加えて「ちょう」という音は「丁」(整った数・連れ添いの偶数)、「長」(秀でる・上に立つ)とも重なり、
吉祥文様として婚礼の衣裳などに施されるモチーフ。
キリスト教:復活の象徴
仏教:蝶はあの世とこの世を行きかう力があるとされ、「輪廻転生」の象徴、新しい自分になる、美しく(強く)変化するという意味がある。
ネイティブアメリカンの言い伝え:蝶は変化と喜びの象徴。蝶に願いと託すと、部族の神様に伝えにいってくれるとされる。
ギリシャ:蝶は魂や不死の象徴。

こうして見てみると蝶は、昔から様々な世界で生死の象徴とされてきたのですね。
ちなみに、毎年我が家にやってきていた揚羽蝶は、青虫になると柚子の木を丸裸にするので、途中でどこかへ引越しをしてしまい、蛹から蝶へ羽化する姿は一度も見たことがないのでした・・・。

蝶話が長くなってしまいましたが・・・OEMでは一本挿し簪だけではなく、このようなコーム型のヘアアクセサリーも承っております。
簡単なイメージやラフ案をお持ちいただければ、最適なご提案をさせていただきます!

☆お問い合わせはこちらから☆
OEMお問合せ窓口:03-5785-3331(平日午前10時~午後7時)
※お電話・メールでの土日・祝日頂いたお問い合わせに
関しましては、翌営業日以降に折り返させていただいております。


Posted by admin

つまみ簪のOEMは和心で!!

みなさま、こんばんはRです!
本日は、つまみ簪をご紹介。
みなさまは、つまみ簪って、どんな簪だかご存知ですか?
小さな正絹の正方形の裂をピンセットでつまんで、花や鳥、動物を表現した江戸時代から続く伝統技法です。
祖母がつまみ細工を趣味にしていたので、子供の頃、祖母に教えてもらいながら、夏休みの自由研究で朝顔のミニ掛け軸を作った思い出があります。
ピンセットで一つずつ摘むのと、同じ大きさの摘みを作るのがとっても難しかった・・・。
残念ながらつまみ細工を日常で見かける機会はあまりありませんが、京都の舞妓さんは季節ごとの華やかなつまみ簪を髪に挿していますし、成人式や和装の結婚式でも様々なつまみ細工の簪が女性の髪を彩っていますよね!
そんな江戸時代から続く伝統工芸・つまみ細工を現代風にアレンジしたものを弊社ではお作りできるんです!

桔梗簪

とっても涼しげな露桔梗。
清楚な姿の通り、「永遠の愛」「誠実」「清楚」「従順」という花言葉のある花です。
その桔梗を雨露をイメージしたドロップビーズをあしらい現代風なアレンジに。
そして、グングルという鈴も組み合わせているため、歩くたびにしゃらしゃらと涼しげな音色を奏でます。

このように伝統工芸を現代風にアレンジするのも和心の得意分野!
OEM専属のデザイナーもおりますので、イメージなどをお伝えいただければ、デザインを起こすことも出来ます!
つまみ細工の一番の特徴は、先を丸く摘む丸つまみや先を尖らせた剣つまみと色の組み合わせで、様々なデザインを表現できるところ。
また、ジュエリー等他商材のOEMで培ったノウハウと組み合わせることで、他社様とは一味違ったアイテムをお作りできることも和心の強みです!
是非一緒にオリジナル簪を作りましょう!
ご連絡お待ちしております。

☆お問い合わせはこちらから☆
OEMお問合せ窓口:03-5785-3331(平日午前10時~午後7時)
※お電話・メールでの土日・祝日頂いたお問い合わせに
関しましては、翌営業日以降に折り返させていただいております。


Posted by admin

デザイン簪のOEMは和心で!

こんばんは、Rです。
本日はかんざし屋Wargoの新商品をご紹介。
皆様の星座は何ですか?
女性誌にも必ずといっていいほど掲載されている星占い。
朝のニュース番組でも取り上げられますよね。
占いにあまり興味のないRもついつい自分の星座をチェックしてしまいます。
今回ご紹介するのは、そんな黄道十二星座をモチーフにした一本簪です。

蟹座簪

獅子座簪

7月の星座は、蟹座と獅子座ですね。
蟹座は勇敢な化け蟹カルキノスが天に昇った姿、獅子座はヘラクレスに殺されてしまうネメアの谷の化け物ライオン。
古くから占星術が盛んだった西洋では、星座のモチーフはとても縁起物だったそうです。
簪というと和風なデザインのイメージが強いですが、この簪は、星と星とを線で繋ぎ描かれる星座をそのままデザインに落とし込み、各星座を司る色のガラスストーンのチャームをあしらっています。
取り外し可能なチェーンを止める八芒星のチャームの裏側には、星座のシンボルマークを彫り込んで、細部にまで趣向を凝らしています。
そして、チェーンブレスレットとチャーム、簪単体としてもお使いいただける4way仕様!

軸は丈夫な真鍮軸なので、髪の長い方でも使いやすく、実用性にもこだわっています。
このように自社製品で常に新しいデザイン、新しい趣向の簪を世に送り出している和心。
自社製品のノウハウを生かして、OEMでも様々なデザイン簪のオーダーが可能です。
デザインの持ち込みはもちろん、イメージはあるけれどうまく形にできない!、何か作りたいけれどどうしたら良いかわからない!!という方もお話を伺いながら、イメージを形にして参りましょう♪
デザイン簪についてのお問い合わせ、ご相談をお待ちしております!

☆お問い合わせはこちらから☆
OEMお問合せ窓口:03-5785-3331(平日午前10時~午後7時)
※お電話・メールでの土日・祝日頂いたお問い合わせに関しましては、翌営業日以降に折り返させていただいております。


Posted by admin

とんぼ玉簪のOEMは和心で!!

こんにちはRです。
季節の変わり目、皆様いかがお過ごしですか?
梅雨のはずなのに、ここ数日は夏のようなお天気。
日差しが辛いですよね・・・。
寒暖差の激しいこの時期。
皆様ご自愛くださいね。

さて、本日はとんぼ玉簪・月下美人のご紹介です。

とんぼ玉1

月下美人は、夏から秋の夜に咲いて明け方にはしぼんでしまう儚くて美しい花です。
月下美人の花言葉は「強い意思」。
和心のデザイナーが一瞬の命を美しく艶やかに生き抜いて欲しい・・・という願いを込めてデザインしたのがこのとんぼ玉簪です。
日本における簪の歴史は古く、遥か縄文時代まで遡ると言われています。
当時の日本では、簪は魔除けの意味を持っており、一本の細い棒に呪力が宿ると信じられていました。
それを髪に挿すことによって魔を払うことができると考えられていたようです。
こんな古くから女性の髪を飾っていたとは驚きです。
簪文化が花開いたのは江戸時代。
平打簪、玉簪、花簪、びらびら簪などさまざまな種類の簪が人気を博しました。
その中でも特に人気があったのが、耳かきのついたかんざしに玉を1つ挿してある玉簪でした。
当時は幕府から贅沢禁止令が度々発令されていた時代。
耳かきをつけることで贅沢品ではなく実用品として髪に挿し、取り締まりから逃れていたと言われています。
そこまでしても身に付けたいと女性たちを魅了してきた玉簪。
そんな玉簪もOEMで承っております。
弊社の玉簪は一つ一つ手作りされているんですよ!
昔、とんぼ玉の教室に通っていたことのあるRは、溶けたガラスを巻きつけた軸を同じスピードで左手で回し続けることができずに挫折した経験があります・・・。
なので、この月下美人のように花弁ひとつひとつ丁寧に細工された繊細な作りのこの簪を見ると本当に感動してしまうのです。
季節ごとに様々な表情を見せてくれる玉簪をご覧いただきながら、是非、オリジナル簪を一緒に作りましょう!
ご連絡お待ちしております!!


Posted by admin

優美な銀花一本簪!簪のOEMは和心で!!

初めまして、Rです。
ついにブログデビュー致しました!
どうぞ宜しくお願い致します。
和心本社があるここ東京は、先週より梅雨入りし、毎日ムシムシ、ジメジメな毎日です。
湿気大嫌い人間のRは、この時期、どうしても憂鬱な気分になってしまいがち・・・。
そんな気分を払拭すべく、数年前より和歌山から青梅と完熟梅を取り寄せて、梅酒と梅干し作りを始めました!
今年も先週末に農家さんより青梅が届き、爽やかな香りに包まれながら梅仕事。
今年の梅酒を仕込んだ後は、1年前に仕込んだ梅酒をいただくのが我が家の儀式。
とっても幸せな瞬間です。

そんな梅雨が終わると夏がやってきますね。
和の世界では、季節の先取りが粋だと言われています。
というわけで、夏を代表する花・百合の銀花一本簪をご紹介。

05251622_574552995ac84

05251619_574551f3ea8e0

日本では、『立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花』と言われるように、百合は美しい女性を表す花として、そして西洋では聖母マリアの象徴、純潔のシンボルとされています。
花びらの柔らかな質感や小さな蕾は白仕上げというシルバー独特の技法で作られています。
一つ一つ葉脈を丁寧に彫り込んだ葉や雄しべ・雌しべ、茎はマット仕上げの真鍮で作られています。
軸は丈夫な真鍮製のため、髪の長い方でも1本でまとめられますし、品の良いサイズなので、髪に挿すととても可憐に咲いてくれます。
Rは、長い、多い、コシが強いというまとめ髪泣かせの髪の持ち主なのですが、1本でまとめられました!
着物や浴衣にはもちろん、お洋服にも合わせやすいと思います。
麻のワンピースにすっとひと挿しなんて素敵かもしれませんね。

この優美な銀花一本簪、百合の他に菊や椿、薔薇と一緒にかんざし屋WARGOの店頭を飾っておりますが、実はOEMでも承っております!

『自分でデザインしたいのだけれど、どこで作って良いのか分からない・・・』
『着物のイベントでオリジナル簪を作って販売したい・・・』等、簪製作のお悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。
お待ちしております!


Posted by admin

かんざし(簪)デザイン・制作・鋳造|株式会社和心

info@wagokoro.co.jp
TEL 03-5785-3331/FAX 03-5785-0559
お問合せ/見積