staff blog スタッフブログ

白薔薇の一輪挿でござる(☼ Д ☼)

皆様ごきげんよう(´∀`)❤

H. Margeでございます(ڡ)╭ ~

 

昨日は関東地方で春一番が吹きました!!!

東京の最高気温は23℃と暖かく、

いよいよ花粉シーズンに突入です(`。)

 

さて、皆さんはこの週末、

素敵なバレンタインデーをお過ごしされましたか?

 

私は、男友達から貰ったチョコレートを食べながら、

ひたすらお家でアニメのDVDを見ていました♪ ٩( ´ω` )و ♪

 

アニメを見るのも仕事の一つですからねっ!!! (、◔ω◔)、

 

ですけど、頂いた白薔薇をテーブルに置いたので、

一気にお部屋の雰囲気が華やぎました٩(ˆOˆ

 

・・・白薔薇と聞いて、

『サ○フロン○ィア』とか

『マ○みて』を真っ先に思い浮かべたアナタは…

(๑´• д •`๑)

ザ・オタクです(きっぱり)

 

可愛らしいミニ薔薇をモチーフにしたヘアピン

「宝石髪飾-薔薇一輪挿」がございます!!

 

藤色、桃色、白、緑とパステルカラーが春先取り♪

ここではやはり、

白薔薇をおすすめ致しますね◝(⁰▿⁰)◜ファー

薔薇はと同様に人気のあるモチーフです。

 

かつて弊社では、

「大和薔薇花簪」「初夏薔薇簪」という

商品を取り扱っておりましたが、

お陰様で完売しました(◔ω◔ * )

 

私は紫の薔薇が素敵だなと思います。

『ガラスの仮面』っぽいですしね(笑)

 

昨日は陽気に包まれて、

うっかりコートをクリーニング屋に出しそうです。

 

今年は京成バラ園に行くぞぉー゚ ✧˖ ٩( ‘ω’ )و ✧ ˖゚ムォー

 

H. Marge


Posted by admin

心を惑わすハートチャーム!「恋文一本簪」❤

皆さまこんばんは( ´ⅴ`)ノィョ―ゥ

H. Margeでございますヾ(。◕ฺ◕ฺ)ノ

 

先週はスワンレイク簪についての記事を書かせて頂きましたが、

今回は先週末発売の新商品について書きますね\\\\(۶•̀ᴗ•́)۶////

 

バレンタインデーの迫ったこの時期ならではの新商品、

恋文一本簪が、素敵カワイイのであります。*´3`)ノ

 

この簪、「乙女心の具現化」(名言)という説も… ╰(´⌣`)╯

 

ハート型の穴からぶら下がったハートチャームに御注目! (๑˃́ꇴ˂̀๑)

 

動くたびに揺れる黄金のハートチャームは、

見た人のハートを掴みます(*°ω°*)

 

恋文一本簪を着けたら、

恋が上手くいきそうな気持になりませんか?(✿´ ꒳ ` )

 

さて、恋文の歴史について、

少し書いてみたいと思います。(´・ω・`)

 

映画『恋に落ちたシェイクスピア』の中では、

ラブレターの原点であるとも言われている

シェイクスピアのソネット第18番が歌われています。

 

グウィネス・パルトロー演じるヴァイオラは、

男装をしてロミオ役のオーディションにあらわれ、

(この時、シェイクスピアは男性だと思い込んでいますw)

シェイクスピアの「ソネット18番」を見事に朗読します。

 

この美しいロミオの姿にシェイクスピアは一目惚れ!!

後にシェイクスピアはヴァイオラが女性であることを知り、

「人目を忍んだ恋」が始まる、といった筋書きです❤(。。)

 

折角なので、ソネット第18番を紹介しますね。

   きみを夏の一日にくらべたらどうだろう。
   きみはもっと美しくて、もっとおだやかだ。

   美しいものはすべて、いつかは美を失って朽ちる。
   偶然や自然の変移が、美しい飾りをはぎとってしまう。
   しかし、きみが不滅の詩のなかで時と合体すれば、
   きみの永遠の夏はうつろうことはない。

(シェイクスピア『ソネット集』高松雄一訳 p.29-30)

 

ラブレターの原点であるとされる

シェイクスピアのソネット18番は、

美貌の貴族青年への愛を綴ったものだと言われてます(*´﹃`*)

 

たしかに「少年」が美しい期間は、

「少女」のそれよりも短く儚い気がしますから、

高度な感性を持った詩人が、

創作のモチーフとして美青年✨を選ぶ気持は分からなくもない…

と、ぼんやりと思ったのでありました!! (*⁰▿⁰*)

 

一方、シェイクスピアは辛辣なことも書いています。

   いかに美しいものでも行為しだいで忌まわしくなる。
   腐った百合は雑草よりもずっとひどい臭いを放つ。

(「ソネット第94番」 p.132)

 

(ؓؒؒؑؑؖؔؓؒؐؐ⁼̴̀ωؘؙؖؕؔؓؒؑؐؕ⁼̴̀ )

 

 

良いバレンタインデーをお過ごし下さいませ!!!!(⋈>◡<)。

 

H. Marge


Posted by admin

オディール(黒鳥)とオデット(白鳥)のかんざし

皆さまこんばんはっ╰(´⌣`)╯

H. Margeでございます〜٩( )۶〜

 

冒頭でハートを3つも使ってしまいました。

理由は特にございません・・・(多分)

 

先週は大鳥居二又簪について書かせて頂きました。

今回は弊社のスワンレイク簪について書いてみますね!!

 

弊社の「スワンレイク簪」は、

オディール(黒)とオデット(白)

二種類✨ ご用意しております(˃́ꇴ˂̀)

 

 

私事になりますが、去年、

『白鳥の湖』のバレエ鑑賞をしてきました!!

 

オディール役は、小柄の黒人”男性”が演じていたのですが、

“鳥”や”猫”を髣髴とさせるその しなやかな動き が大変美しく、

激烈なインパクトがありました。ღ❤ღ´ェ`*)

 

テクニックと表現力(演技力)が揃った時、

「芸術に感動が生まれるのかも!?」 なんて思ったのデシタ。

 

さてさて。

「オディール(黒鳥)とオデット(白鳥)どっちが好き?」

というのは、永遠の問いのように思います()

 

好きなのはオデット(白)だけど、

惹かれるのはオディール(黒)!!

 

というのが、一般的返答なのではないでしょうか? ヾ(・ᆺ・)ノ゙

 

私自身は、欲張りな性格が災いして(?)、

どちらの要素も兼ね添えているキャラクターに惹かれます(笑)

 

 

「オディールが踊れない!!」

と、映画『ブラックスワン』で嘆くナタリー・ポートマンは、

見事なハマり役でしたネ。あの抑圧された優等生のドロドロ感が。

 

オディール(黒鳥)とオデット(白鳥)の性格は正反対。

社会的な規範に即した望ましいイメージと、

規範から逸脱する自我との葛藤といったような・・・。

 

全く異なるパーソナリティを一人二役で演じることは、

バレリーナにとって技術的にも精神的にも大変なことでしょう。

 

そしてこの苦しみは、『白鳥の湖』を創作した

チャイコフスキー自身の抱える苦悩であったのかもしれませんね。

 

弊社のスワンレイク簪は、

気分によってを、

付け替えることができます!! (´ ꒳ ` )

 

二つ買っても9,800円というコスパの良さ!!

すんばらすぃ~ ლ(◔◡◔ ლ)

 

いろいろ冒険してみてくださいねっ? (*✪‿✪*)

H. Marge


Posted by admin

鳥鳥鳥居な新商品「大鳥居二又簪」

皆様ごきげんよう。

かんざし工房和心のH. Margeでございます(ღ✪v✪)

 

今回の記事と次回の記事では、

をキーワードにブログを書いて行きたいと思います! へΣ^)へ

 

というのも、

このごろ気になる自社製品が二点とも※、

鳥 に絡んだものだったので、

自分の中の天才 ʅ(´◔౪◔)ʃ  が叫び出しました。  (ノ゚ρ゚)ノ ォォォ・・ォ・・ォ・・・・

スワンレイク簪と新作の大鳥居二又簪(おおとりいふたまたかんざし)です

 

新商品「大鳥居二又簪」(おおとりいふたまたかんざし)は、

その名のとおり、鳥居をモチーフにした簪なのですよっ!!(° ꈊ °)✧˖°オホッ!

 

新商品の大鳥居二又簪の詳細につきましては、

他事業部のブログ記事が秀逸(℃。) ですので、

ぜひ・ぜひ そちらをお読みくださいまし(*´﹃`*)!

 

 

私にとって鳥居と鳥との関連性は、

セーラームーン』の火野レイ(セーラーマーズ)が、

神社で2羽のカラス(フォボスとディモス)を飼っていたことが、

我が懐かしき思い出の一つでございます・・・( ´◔ ౪ ◔`)

 

「バーニング・マンダラァ〜!!」(`・ω-)▄︻┻┳═一~♥

・・・なんて、子供時代はセーラームーンごっこをしたものです。

マーズは私が一番好きなセーラー戦士だったのでした(=゚ω゚)ノ

 

メンズからはマーキュリーが、

女子からはジュピターが、

そしてオ○クからはサターンが、

私の周辺では、人気がありました!! ヽ(•̀ω•́ )ゝ✧

 

さて、「鳥居」を検索しようとしたら、

勢い余って鳥居み○きさんの画像をクリックしてしまいました!(*´д`;)

 

ま、それはさておき・・・?

 

何となくカラスは、不吉なイメージを持たれがちですが、

日本三景の一つ、厳島神社@広島県廿日市市宮島では、

シカと同様に カラスは神の使いと見なされています(❂◡❂)

 

『古事記』や『日本書紀』といった『記紀』(きき)では、

八咫烏(やたがらす)天照大神の使者としています。

 

現代でも、カラスを「山の神」と考えたり、

「神使」と見なしている神社は多いようです!(๑˃́ꇴ˂̀๑)

 

名古屋の熱田神宮や近江の多賀大社、

そして広島の厳島神社は、カラスと関係が深いのです。

 

カラスにお供えをし、カラスが神供をついばむ様子によって、

神意をうかがう御鳥喰神事(おとぐいしんじ)が行われています。

 

いつもはカラスを忌み嫌う農民も、

この時期ばかりは積極的にカラスを招き、

団子を投げてはそれをカラスが食べるか食べないかによって、

その年の収穫を占ったり、「神聖な存在」と扱うようです(`◕‸◕´+)

 

日本に限らず、

鳥は古代人にとって神霊と深いつながりを持ってきました。

 

鳥居は、神聖な空間の始まりを人々に示す「サイン」として、

聖域と俗域を分ける境界線を作り上げることによって、

「内側は神のもの」であると明確にし、邪悪なものの侵入を防ぎます。

 

もちろん、人間の信仰心やモニュメントとして建てられています(。・ω・。)

 

ちょっぴり スピリチュアル *॰ْ✧ًଞව̐ ˒̫̮ ව̐ଞ*ْ✧ं॰* なものを手にしたくなる時、

「大鳥居二又簪」は、アナタに神聖な気持ちをもたらしてくれるかもしれません。

ECサイトで、売れまくってる と専らの噂なんですが・・・(`◔ڼ◔´三`◔ڼ◔´)

 

 

次回も鳥と簪の話ということで、

「スワンレイク(白鳥の湖)」について書かせていただきます!(予告)

 

それではまた( ✧Д✧) カッ!!

H. Marge


Posted by admin

戦国武将 本多忠勝の蜻蛉切 初公開!?@代官山蔦屋書店

皆様ごきげんよう( ´ⅴ`)ノ

かんざし工房和心スタッフブログ担当のH. Margeです(✿´ ꒳ ` )

 

昨日の東京は大雪でしたね…!( ´Д`)ノ

電車もバスも交通機関が乱れに乱れ、会社に遅刻してしまいました。

(早めに出ても、ホームが激混みで意味なかったです…orz)

 

昨日は気温も低く足が冷えて、治りかけていた風邪をぶり返してしまいました。

・・・が、部内の優しい先輩に早めの帰宅をすすめられ、一晩で治しました!

そして本日、御陰さまで出社できました( ゚ω^ )ゝ

(市販薬を3種類調合して飲んだのはアホなので真似っこ禁止!!)

 

予防をしていても風邪をひく時はひいてしまうものなので、

そういう時は罪悪感を搔き捨てて、ひたすら眠ることに尽きますね!

(子供の頃、風邪で休んだ日はドラえもん映画を見るのが定番でしたw)

 

 

さて、前回の記事で宣言した通り、
かんざし屋Wargoおびどめ屋Wargo@代官山ツタヤ書店に、
先週の土曜日に行って参りましたっ!

 

実は私、本好きが高じて書店員をしていたこともあるんですけど、
都内Myフェイバリット本屋トップ5に、
代官山蔦屋書店さんと二子玉川の蔦屋家電さんが入ってますヾ(*´∀`*)ノ

 

昔、ニューヨークで入った本屋が、とてもステキだったんです。
↑確かバーンズ・アンド・ノーブルだったと思います(๑◔‿◔๑)

 

コーヒー片手に大きな美術書を広げてたたずむ外国人の方の姿に感銘を受け、

「日本にもコーヒーを飲みながら立ち読みできる本屋があったらなあ・・・」

と思っていましたが、近年ではそういう書店も増えてきてますよね(*´σー`)

 

それはさておき、Wargo限定ショップの場所、

最初はちょっと迷ってしまったので、

蔦屋書店のスタッフさんに伺いました。

ご丁寧に返答いただき(感謝!)、無事到着ヽ(•̀ω•́ )ゝ✧

※1Fのスタバの近くの四角くなっているスペースにございます。

 

商品を囲む日本刀や日本文化に関する書籍がカッコいいv( ̄Д ̄)v

このニクい空間作り、素敵すぎますっ!!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

ひときわ私の魂を奪った自社のステキ商品は、

「蜻蛉切一本簪(とんぼきりいっぽんかんざし)」です(*’∀’人)♥*+

(ふつう読めませんよね・・・虫なのかな、くらいの予測はできてもw)

 

歴史マニアの方、あるいはゲーマーの方は、

武器に詳しかったりするのではないでしょうか?

 

日本には「天下三名槍(てんがさんめいそう)」という3本の槍があり、

江戸時代には、西の「日本号(にほんごう)」、

東の「御手杵(おてぎね)」という2本の槍がありました。

 

その2本に「蜻蛉切(とんぼきり)」が加わって、

明治時代から天下三名槍と呼ばれるようになったようです。

 

この蜻蛉切は、

戦国時代の武将・本多忠勝が愛用したことで有名です。

 

先週1月10日から放映が始まった大河ドラマ『真田丸』(さなだまる)で、

俳優の藤岡弘さんが本多忠勝役を演じています。

なんと、『真田丸』の脚本は、あの三谷幸喜さん。

 

先日2回目の放映が終わりましたが、

見ていないアナタ、まだまだ間に合います!!◟꒰◍´Д‵◍꒱◞

 

蜻蛉切には写しが3本あり、そのうちの1本は、

江戸時代の刀工(とうこう)・固山 宗次(こやま むねつぐ)が作成しました。

去年、東京国立博物館@上野公園で展示されていたようです。

 

蜻蛉切という名前の由来は、

「トンボが飛んできて穂先に止まった途端、二つに切れてしまったこと」

なのだそうです。

 

美しいけど恐ろしい

インパクトのあるエピソードですね(n╹ω╹)η ♥ n(╹ω╹n)

 

そんな、切れ味が半端ない歴史ある蜻蛉切のかんざし、

恐る恐る、着けてみたいですよね?(笑)

 

そんなデンジャラスな簪を着けてる人がいたら、

気になって思わず後をついていきたくないですか?(笑)

 

あぶない魅力にあふれた蜻蛉切一本簪は、

一本¥7,900(税抜価格)になります( *՞ਊ՞*)ノ

ぜひ、お手に取ってみてください( ∩ˇωˇ∩)

 

それでは、Good Luck!♪♪♪ ヽ(・ˇ∀ˇ・ゞ)

H. Marge


Posted by admin

かんざし(簪)デザイン・制作・鋳造|株式会社和心

info@wagokoro.co.jp
TEL 03-5785-3331/FAX 03-5785-0559
お問合せ/見積