staff blog スタッフブログ

戦国武将 本多忠勝の蜻蛉切 初公開!?@代官山蔦屋書店

皆様ごきげんよう( ´ⅴ`)ノ

かんざし工房和心スタッフブログ担当のH. Margeです(✿´ ꒳ ` )

 

昨日の東京は大雪でしたね…!( ´Д`)ノ

電車もバスも交通機関が乱れに乱れ、会社に遅刻してしまいました。

(早めに出ても、ホームが激混みで意味なかったです…orz)

 

昨日は気温も低く足が冷えて、治りかけていた風邪をぶり返してしまいました。

・・・が、部内の優しい先輩に早めの帰宅をすすめられ、一晩で治しました!

そして本日、御陰さまで出社できました( ゚ω^ )ゝ

(市販薬を3種類調合して飲んだのはアホなので真似っこ禁止!!)

 

予防をしていても風邪をひく時はひいてしまうものなので、

そういう時は罪悪感を搔き捨てて、ひたすら眠ることに尽きますね!

(子供の頃、風邪で休んだ日はドラえもん映画を見るのが定番でしたw)

 

 

さて、前回の記事で宣言した通り、
かんざし屋Wargoおびどめ屋Wargo@代官山ツタヤ書店に、
先週の土曜日に行って参りましたっ!

 

実は私、本好きが高じて書店員をしていたこともあるんですけど、
都内Myフェイバリット本屋トップ5に、
代官山蔦屋書店さんと二子玉川の蔦屋家電さんが入ってますヾ(*´∀`*)ノ

 

昔、ニューヨークで入った本屋が、とてもステキだったんです。
↑確かバーンズ・アンド・ノーブルだったと思います(๑◔‿◔๑)

 

コーヒー片手に大きな美術書を広げてたたずむ外国人の方の姿に感銘を受け、

「日本にもコーヒーを飲みながら立ち読みできる本屋があったらなあ・・・」

と思っていましたが、近年ではそういう書店も増えてきてますよね(*´σー`)

 

それはさておき、Wargo限定ショップの場所、

最初はちょっと迷ってしまったので、

蔦屋書店のスタッフさんに伺いました。

ご丁寧に返答いただき(感謝!)、無事到着ヽ(•̀ω•́ )ゝ✧

※1Fのスタバの近くの四角くなっているスペースにございます。

 

商品を囲む日本刀や日本文化に関する書籍がカッコいいv( ̄Д ̄)v

このニクい空間作り、素敵すぎますっ!!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

ひときわ私の魂を奪った自社のステキ商品は、

「蜻蛉切一本簪(とんぼきりいっぽんかんざし)」です(*’∀’人)♥*+

(ふつう読めませんよね・・・虫なのかな、くらいの予測はできてもw)

 

歴史マニアの方、あるいはゲーマーの方は、

武器に詳しかったりするのではないでしょうか?

 

日本には「天下三名槍(てんがさんめいそう)」という3本の槍があり、

江戸時代には、西の「日本号(にほんごう)」、

東の「御手杵(おてぎね)」という2本の槍がありました。

 

その2本に「蜻蛉切(とんぼきり)」が加わって、

明治時代から天下三名槍と呼ばれるようになったようです。

 

この蜻蛉切は、

戦国時代の武将・本多忠勝が愛用したことで有名です。

 

先週1月10日から放映が始まった大河ドラマ『真田丸』(さなだまる)で、

俳優の藤岡弘さんが本多忠勝役を演じています。

なんと、『真田丸』の脚本は、あの三谷幸喜さん。

 

先日2回目の放映が終わりましたが、

見ていないアナタ、まだまだ間に合います!!◟꒰◍´Д‵◍꒱◞

 

蜻蛉切には写しが3本あり、そのうちの1本は、

江戸時代の刀工(とうこう)・固山 宗次(こやま むねつぐ)が作成しました。

去年、東京国立博物館@上野公園で展示されていたようです。

 

蜻蛉切という名前の由来は、

「トンボが飛んできて穂先に止まった途端、二つに切れてしまったこと」

なのだそうです。

 

美しいけど恐ろしい

インパクトのあるエピソードですね(n╹ω╹)η ♥ n(╹ω╹n)

 

そんな、切れ味が半端ない歴史ある蜻蛉切のかんざし、

恐る恐る、着けてみたいですよね?(笑)

 

そんなデンジャラスな簪を着けてる人がいたら、

気になって思わず後をついていきたくないですか?(笑)

 

あぶない魅力にあふれた蜻蛉切一本簪は、

一本¥7,900(税抜価格)になります( *՞ਊ՞*)ノ

ぜひ、お手に取ってみてください( ∩ˇωˇ∩)

 

それでは、Good Luck!♪♪♪ ヽ(・ˇ∀ˇ・ゞ)

H. Marge


Posted by admin

そうだ、代官山 行こう。

皆様ごきげんよう(✿´ ꒳ ` )

かんざし工房和心ブログ担当のH. Margeです(´・∀・`)

 

本日は和心シルバー鋳造・研磨工場ブログも更新しました!

 

最近Webライティングに関する本を読んでいるので、

ブログ熱が沸々と高まっております(゚∀三゚三∀゚) ウホー!

 

ところでところでby the way

 

東京のオシャレな街、あなたはどこを思い浮かべますか?

原宿、表参道、青山、六本木、恵比寿、自由が丘・・・

 

必ずランキング上位に君臨する代官山、

あの代官山蔦屋書店で、かんざし屋wargoが、

期間限定オープンしました!! (d゚ω゚d)オゥイェー♪

※姉妹ブランドおびどめ屋wargoもオープン中!!

 

私は行こう行こうと思いつつ、

年末年始ドタバタしていて、

まだ行けてないんですよね〜ε-(´・_・`)ハァ…

 

あの超絶有名なコピーをもじって、

「そうだ、代官山 行こう。」

と、デスクでつぶやいてみました=͟͟͞͞٩(๑☉ᴗ☉)੭ु⁾⁾

 

今週土曜日に行ってきます!! (+・`ω・´)キリッ

※  今月末までやってます♪

 

 

実は、1999年に代官山で「かすう工房」がオープンしました。

同年、和心はインターネット通販事業も開始しています。

 

こういった経緯もあり、私たちにとって渋谷区代官山は、

思い入れのある街なのでした٩(๑´3`๑)۶

 

その時私は、何も知らない女子高生()でしたけどね……(´・д・`)

 

 

続けて私事になりますが、私の担当の美容師さんが、

今年1月から代官山の美容院のサロンで活動を始めるので、

このタイミング、ご縁を感じずにはいられません(∩´∀`)

 

自社のかんざしが可愛いので、

髪を伸ばそうかな〜と目論んでるんですけど、

なかなかセミロング以上まで伸ばせませんっ!(忍耐力なし)

 

綺麗なロングヘアをキープしてる方、

マジで尊敬します・・・☆♫ ٩( ´ᆺ`)۶♫ ★

 

 

「あたしってものぐさだし簪とかめんどいし〜」

的なア・ナ・タに朗報を!!(´◉◞౪◟◉)

 

実は簪って・・・

ラフなおだんごヘア、

ゴムで結っただけの適当カジュアルな髪型に、

けっこうよくハマるんですYO!!!( ̄ー+ ̄)

 

美容師さんに似合いそうなヘアアクセサリーについて、

聞いてみるのも良いかもしれませんねっ!!

 

モチロン、WARGOのスタッフにも聞いてみて下さい(๑′ᴗ‵๑)

 

次回の記事は、

かんざし屋WARGO 代官山蔦屋書店の

「ショップ潜入レポート」になると思います( ・`ω・´)キリッ

 

他にも代官山で見かけた面白そうなお店があったら、

ここで皆さんに紹介してみたいと思いますっ゜+.ヽ(❀ฺ◕ฺ‿ฺ◕ฺ)ノ.+゜

 

H. Marge


Posted by admin

簪は女のロマンです(断言)

皆様ごきげんよう(。・”・。)ノ
先月和心に入社した H. Margeです。

 

昨日は「和心シルバー鋳造・研磨工場」スタッフブログを書かせていただきました。
※こちらのブログは隔週で担当してます!! (=´ー`)ノ

この記事では、入社して初めて知った貴金属の歴史と、
ジュエリーの奥深さに感動した「想い❤」を、
皆様に伝えたくて・・・ブログに綴ってみました(。-∀-)ニヒ♪

 

そしてこの度!!
「かんざし工房和心」スタッフブログの担当者になりましたっ!!!
才≡⊃”├!(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

恥ずかしながらワタクシ、
(※今後このブログにおける「私」は「わたくし」と脳内変換希望ですw)

入社して初めて「簪」という漢字を知りました・・・_|\○_

 

読めても書けない漢字ってあるじゃないですか?
薔薇とか鬱とか髑髏とか ←セレクトが中二病っぽい(´・ω†`)

書けないどころか、読めなかったのです( ゚∀゚)

来週までに「簪」(画数20!)と「櫛」(画数19!)は、
スタッフとして恥ずかしくないよう書けるよう努力いたします・・・。

 

ところで、「夫」という漢字が、
「かんざしを挿した男性」に由来しているのはご存知ですか?

私は初めて知りました・・・トリビア〜(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-.

「大」に「一」を加えたのが「夫」ですが、
この「一」は、「まげに挿した簪」なのだそうですよっ!!!

結婚式で、男性が「まげに簪を挿して正装している姿」が、
「夫」という字の意味だったのであります!!! ( ̄个 ̄)

 

ついでにご紹介をしますと、「妻」という字は、
「女性が髪に挿した簪を手で整えている姿」を現しているようです。

かつては女性も男性も簪を使用していたとは、衝撃です!!! Σ(゚□゚ノ)ノ

 

髪飾りは、東洋人も西洋人も関係なく、
女心をくすぐる「粋な」アイテムだと私は思いますっ!!!(断言)

 

「髪は女の命」とよく言われますが、
かんざし工房和心スタッフとして、
「髪飾りは女のロマン」と言わせていただきます( ⊙‿⊙)

 

今後は、商品紹介だけでなく、
簪や櫛、ひいては日本文化や髪についてお話ができたらと思います。

今後とも、宜しくお願い致します((-ω-(‘ω’〃)ペコ

 

H. Marge


Posted by admin

年末にむけて

こんにちは。
かんざし工房和心の齊藤です。
今更残暑が帰って来た感じにびっくりしています。
衣替えいつしようかしら。

さて、クリスマス商戦にむけた製作は
順調に進んでおりますでしょうか?

星・雪・羽もチーフの問合せがつきないので
ちょっと気になっております(笑)

輸入パーツを上手に組んでみたり
オリジナルチャームを一つ作ってみたり……

莫大な量でなければまだ何とか間にあいそうです。
お電話頂ければすぐ納期等確認させて頂きます!


Posted by admin

天然素材の難しさ 3

こんにちは。
かんざし工房和心の齊藤です。
とてもからあげが食べたいこの頃です。
ロー●ンのからあげ●んが度々いろんな味が出るので
都度惹かれるんですけど、なかなか追いつけません!(笑)

さて、今日も続・天然素材の難しさです。
から揚げにちなんで……皮のお話です。

天然かつ生き物なので、色の違いが出ることがあります。
また、牛・鹿そして平紐・丸紐等の違いにもよりますが
うねり等もあります。
それを味として楽しんで頂くのがよいです!

インディアン風等ご検討の方は、広告や販売トークに
一言添えて頂けるとよいでしょうか。

宜しく御願いします^^


Posted by admin

かんざし(簪)デザイン・制作・鋳造|株式会社和心

info@wagokoro.co.jp
TEL 03-5785-3331/FAX 03-5785-0559
お問合せ/見積